top of page

採用・組織活性化支援

​ご担当者様・経営者様と二人三脚でお手伝いします

 

【採用支援】実は、転職希望者が最終的に企業を選ぶ決め手は、給与などの「条件の良さ」よりも、「仕事の面白さ」「仕事で成長できるか」「風通しの良さが感じられる社風」であることが多いのです。面接を担当する方々が御社の魅力を体現できれば、面接官としての視点の揺らぎが減るばかりか、志向​(例えば、エンゲージメントの方向性)の合う応募者もやがて集まります。志向が合えば会社への定着率も高まる傾向があるので、条件を工夫し続けるよりもよいのではないでしょうか。

​自分らしさを活かす、働く意義を求める。大学でキャリア教育を最初に受けた世代は、今や組織でリーダーシップを発揮する年齢になりました。転職市場で最も人気のある年齢層でもあります。御社で最終面接を行う方々のキャリアに対するお考えは、いかがですか?

 

御社のモチベーションや考え方、想いを理解させて頂き、御社に合う採用支援をご提案いたします。今、乗り越えるべき課題は、社内の増員要望に応えることかもしれません。適宜面接に立ち合い、御社の魅力を伝えるお手伝いを、潜在的な就職・転職希望者からも選ばれる会社になるために、二人三脚でお手伝いいたします。
組織活性化のサービスメニューは、こちらからどうぞ。

abstarct

新卒採用

・学校との関係構築

・インターンシッププログラム企画、運営

・会社説明会運営

・選考(面接 グループ/個人)

早期化する新卒採用。大学や大手ナビサイトでの講演の継続的な受託実績から、学生の傾向に応じた採用戦略をご支援します。

​実績:製薬業、IT業、医療機器製造業など多数 

2019卒に選考方法の見直しや、地方在住学生のためのWeb面接導入を提案。その結果、40名程度の採用を無事6月に終えることができました。

​フォロー面接​支援
  互いに選び、選ばれた大切な存在だから、間違いなく入社し活躍してほしいもの。入社前後のフォロー面接(新卒・中途)の実施は、ご本人にとって新しい環境でスムーズなスタートを切るために必要です。次の採用に生きるヒントも掴めるでしょう。
 フォロー面接は、キャリアコンサルティングとして行うことがよいでしょう。新メンバーにとって、「この会社は、私を大切に扱ってくれる(私のこれからのキャリアを一緒に考えてくれる)」と感じてくれるでしょうから。

組織活性化・エンゲージメント可視化
 20-30代の優れた人材は、仕事を通じた成長機会を求めています。御社の内定を辞退したならば、理由の一つは「成長できると思えない」でしょう。
 
社員一人ひとりに能力開発や成長機会を提供できているか。社員は仕事に誇りを、会社に愛着を持てているか、すなわちエンゲージメントを、AZ SCOPEの20の質問で「見える化」することから始めませんか。
​AZ SCOPEは、㈱ドライビングフォースとの共同開発です。

 

bottom of page