NeComo News

ご相談事例Q11 転職活動。34歳までと35歳からとで違いますか?

海外で5年間正社員として働いている、ひつじさんからのご相談。帰国し、正社員で産休のとれる会社に転職しようかとも考え、メンターA to Z無料メール相談へ。メンバーのほっこりさん(2013年春より、メールおよび電話相談をお休み中)・五十嵐ゆきが回答しました。以下は、回答の部分抜粋です。

<ほっこりさん>ひつじさん こんにちは。5年間お疲れ様でした。異文化の中で学び、キャリアを積まれた実績が、お仕事探しを含む今後の人生にしっかりと生かされることを願って止みません。 文面から具体的なことはわかり兼ねますが、35歳以上での就職活動の困難さを充分理解されながらの就活計画、産休へのこだわりなどから、ひつじさんの今後の人生への問いかけが見え隠れしているように感じられるのですがいかがでしょうか。・・・続きを読む 

<五十嵐ゆき>お疲れ様でした。日系企業でのお仕事とはいえ、異文化でどのようにコミュニケートしたのか、どのような成果を挙げたのかなどを、ぜひ今後の転職活動のアピール材料にしてくださいね。これまでの業務経験と類似の分野で、ご自身が応募職務にマッチしていると伝えられるなら、大いにチャンスはあります。しかし、もしも産休取得を前提に活動するなら、難しいかも。・・・続きを読む  

過去の無料メール相談事例は、五十嵐ゆきの公式ブログに掲載しています。公式ブログへは、ここをクリック。 

コメントは受け付けていません。